menu
drone-inq

〜ドローン撮影・空撮をもっと身近に〜

ドローン日誌開設にあたってご挨拶

公開日:2017年05月16日 カテゴリー:ドローン日誌 タグ:

ドローンを安全に飛ばすためには、できる限りの許可を得ること!

こんにちは、能間(のうま)です。
通称「TOCK(トック)」と呼ばれています。
今日からドローン日誌なんて記事連載を始めました。
ドローンに関すること、業務に関することなどを中心に書いていこうと思いますので、応援よろしくお願いします。

ドローンという言葉を聞いて、まず一般的に思い浮かべることって空撮だと思います。
一言に空撮と言っても、いざ飛ばそうとした場合、飛ばす場所ってかなり限られます。
私の場合、国交省から基本となる包括的許可を得ているため、単純に言うと飛ばせる場所、シチュエーションはある程度は自由が利きます。
ただし、実際にはそれだけでは済まないと思っています。

お読みいただいている方の中には、マイホームをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
民法だと土地の上下にも権利が及ぶとされます。反対に、航空法は特別法であるため特別法は一般法に優先する。とも言えます。結局のところ、今のところ明確な答えは分からず。。
ではどうしたらいいのか?

できる限りの許可を得る!
それしかないと思います。

土地所有者、管理者、道路であれば管轄の警察。聞くところによると、警察の対応について、国交省の許可依存の警察もあれば、道路使用許可を取らせる警察もあるそうで。
ただし、何かあったら困る。これにつきます。

我々ドローンパイロットは、人命を預かるものであり、同時にドローンの未来も背負っている身です。安易な飛行、軽率な行為が日本での空撮の未来を、産業を狭めます。
法整備にはまだまだ時間がかかりそうですが、これからたくさんの美しい映像が生まれるように、空撮業界に尽力していきたいと思います。

 

 

 

DJI

zerotech

コンテンツ企画 株式会社ロボインク.